Javaは1990年代前半に登場して以来、クライアント・サーバーアプリケーションやWebアプリケーション、Androidアプリケーションなどの開発現場で幅広く使用されている言語です。また、Javaの需要は増加の一途をたどり、Javaプログラマーが不足している状況が続いています。では、Javaプログラマーの将来性はどのようなものでしょうか。結論をいうと、Javaプログラマーの需要は当面は事欠かないといわれています。その最大の理由が、Androidアプリケーションの開発が今後も増え続けると考えられているためです。

クライアント・サーバーアプリケーションやWebアプリケーションの多くは、Javaによって開発されています。システムが一度Javaで開発されたのであれば、一般的に機能拡張の際も引き続きJavaを使用して開発を進めます。クライアントからの要望やビジネスの進展に応じて基幹システムの改修や機能拡張が変わるため、Javaプログラマーの需要も高いといえるのです。その一方で、今後も活躍し続けるためには、新しいスキルの研鑽が欠かせません。金融機関のシステムにおいては、FinTechへの対応が注目を集めています。このため、今後は新しい技術に対するプログラミングスキルが求められてくるでしょう。これらを鑑みると、世の中の動向に応じて自己研鑽を積み重ねていければ、Javaプログラマーの将来性はまだまだ明るいといえます。