IT業界で働いた経験がない人でも、スキルがあれば転職することは可能です。IT業界に関わりたいと考えたときに注目される職種の1つとして代表的なのがプログラマーですが、仕事をするには少なくとも1つのプログラミング言語を使いこなせなければいけません。企業としては、未経験でも現場で必要となるプログラミング言語を習得していて、仕事をしながら成長していけるポテンシャルがある人なら採用するというスタンスを持っている傾向があります。

IT業界未経験の人が転職しようと考えたときにまず必要になるのが、プログラミング言語の選択でしょう。その際によく選ばれているのがJavaで、Javaプログラマーの求人に応募するケースが多いのが現状です。Javaプログラマーになろうと考える人が多いのには理由があります。人気が高くて拡張性もあり、将来的にも機能が増えていくと期待できるのがJavaの特徴で、将来性の高さではトップクラスです。需要も高い状態が維持されているため求人が豊富にあり、今も将来も安心できるキャリアだと考えられるでしょう。そのほかにも将来性や需要が高い言語はありますが、習得するという面でもJavaにはメリットがあります。Javaは専門学校や通信教育で講座が開かれているため習得しやすく、資格試験もあるので習得した事実を示しやすいのです。初心者向けの講座も多数あるので、Javaプログラマーに転職するのはハードルが低い傾向にあります。一からJavaプログラマーを目指すのであれば、ぜひコチラも参考にしてみてくださいね。