Javaプログラマーへ未経験から転職するときの問題点としては、言語を習得することに集中するあまりJavaだけしか学ばないことでしょう。JavaプログラマーはJavaを使うことが前提ですが、Java以外にも精通している人が多いです。Javaは基本のプログラミング言語ですが、基本だけができていてもプログラマーとして仕事をすることはできません。もう少し上の技術がなければ現場では通用しないのです。Javaはその汎用性の高さから広い分野で使われており、汎用性についていけなければ仕事ができなくなることが多くなります。未経験からJavaを習得するのは苦労しますが、その先を見据えて転職しましょう。

解決策としては、Javaを習得したら必要となる知識も同様に習得することです。Java周辺で必要となる知識はたくさんあるため、目についたものを片っ端から習得するくらいの気持ちで取り組みましょう。ここで習得したことが仕事を始めた際に役に立つ可能性があります。全く役に立たないことはないので、できるだけ吸収しておくのです。転職をした後では仕事が忙しく、なかなか知識を習得する時間が取れなくなる可能性もあります。転職前に習得を済ませておくと、現場に出たときに応用できるものが出てくるかもしれません。Java周辺の知識を持たずに転職してしまうと、仕事についていけなくなることも考えられるため、転職する前に万全の準備を整えておくことが大切です。